2014年7月20日日曜日

honest people




2014年7月12ー13日

息子の妊娠、出産を経て約2年ぶりのライブ。
第2回五戸国際音楽フェスティバルに参加してきました。
このフェスティバルは五戸で英語の先生をしていたマイケルとデイビットが
第二のふるさととなった五戸に恩返しをしたい、と企画したもの。
そう知ったのは青森に行く数日前だったのですが、
去年の第一回目の時に誘ってくれたマイケルとのメールのやりとりから
五戸がとっても素晴らしい所なんだろうなぁというのがビシビシ伝わって来て
絶対に出たいなぁと思っていたのでした。


ルーシーにとって初めての青森県!
前日にはイベントの準備で忙しいにも関わらず
イベントの企画をしているマイケルが私たちを素敵な場所へ一日案内してくれた。

新幹線を降りると匂いが違う!木の匂い。
坂道をたくさん登ったり下ったりして青い森をたくさん抜けるとそこは十和田湖。






十和田美術館でずっと見たかったでっかいおばさんに会って
(Ron MueckのStanding Woman)
最後に見た栗林隆さんの「ザンプランド」で盛り上がり
十和田市の商店街をブラブラ。



夜はマイケルのお友達のお店で
おいしいビーフシチューを頂きました。

フェスティバルのポスターを描いたエイドリアンが息子の似顔絵を描いてくれた。似てる!



宿泊した温泉も安いのにごはんがおいしくて最高!
さながら修学旅行の気分。



そして13日。
小渡平公園はとっても広い公園で
一緒に連れて行った息子は目を輝かせながら裸足でどろんこになってはしゃぎ、
小学生達のオーケストラバンドにノリノリになって踊っていました。
五戸中学校の女子二人組バンドFossa Magnaが演奏する津軽海峡冬景色の
かっこよさに脱帽!
地元の南部駒踊りも素敵だった。
屋台もジャマイカ料理やブラジル料理、ハンバーガー屋さんに南部せんべい汁など
まさに五戸でインターナショナル!
子どもから大人まで和やかでハッピーな時間が流れていました。



セットリストです








Hello again
weekend wonder
シトラス
June replay
stars
めまい
so
白い朝
teacup ride
風にあずけて


初めての場所だから曲の説明をしっかりしよう!という事で
starsの曲紹介を買って出た石坂さんでしたが、
やっぱりこみ上げてしまい言葉に詰まった。
そう、ぜったいそうなる。
10年経ってやっと音と言葉になった曲だもの。そう言いたかった。
リーダーの突然のセンチメンタルにぐっと来たけど
starsがちゃんと届くように他一同、一生懸命演奏。
わたしも遠くの屋台の「ラーメン」と書かれた旗を
一心にみつめもらい泣きをこらえつつ歌いました。(ラーメンの旗ありがとう)


少し雨が降って来てしまったけど
一番前では子どもが踊っていたり、ほんとうにハッピーでラブリーな空間。

少し前から子どもから大人まで楽しめるような場で
歌いたいな~と思っていた時に
マイケルから誘ってもらって、わたしにとってギフトのようなフェスティバルでした。

マイケルのバンドhonest people、初恋fourもめっちゃ良かった!!
(初恋fourのジェイクがルーシーの曲で日本語を覚えたと言って
「風にあずけて」を控え室で弾き語ってくれました。すごく嬉しかった!)

約二年ぶりのルーシーのライブが五戸でよかった。
マイケル、デイビット、
ライブ中息子をみていてくれたマリちゃん、
五戸で会ったみんな、みんな
ほんとうにありがとう。



*番外*
新人ママ鉄と子鉄には初めてのはやぶさ新幹線に大興奮でした。
1日目の写真のデータ、息子がカメラをいじって消去しちゃったので
偶然吸い出していたこの写真しかないのが無念。。


1 件のコメント:

  1. ルーシーの皆様、ライブ復活!おめでとうございます☆
    日記のおかげで、会場の空気感が伝わってきて、ほっこりしましたよ~。
    Instagramで「風にあずけて」がチラッと聴けて、
    変わらずキラキラした音楽に、グッときました!
    これからも末永い活動を、楽しみにしてます♪

    返信削除