2013年5月31日金曜日

国分寺へ





今日は日高敏隆氏の講座を受けに

国分寺へ行ってきました。



駅から大学までの道のりで

「今日カメラ持ってきた?」

「持ってきたけど、フィルム間違えて100入れちゃって暗かったら写るかなー・・・」

など、なんか会話がおかしいぞ とつっこみを受けながらウキウキで到着。

なんてったって私の中で今熱いランキング2位の方ですから。力も入ります(笑)。



「人間はどういう動物か」をテーマに

前回よりも易しいエピソードでたくさん語られた。

日高氏の話はちょっとした小話を聞いているようで

とても耳触りが良く、かつとても的を射ていて

聞いていて心地よく色々考えさせてくれる。



二足で立ち上がって何の得を獲た?

爪や牙など体に武器を持たないホモサピエンス

集団が集団と争うために武器を作る人間



脳は人間以外の動物も一緒に進化している



進化に目標も目的もないのではないのかと提唱する日高氏の言葉が

胸に刺さる。



意味は あとからあるように思える



そう、だって 私たちはいつだって前に進むのに精一杯で

掴めそうで掴めない何かに 夢中なんだもの。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夜はバタ寿司へ。

このお寿司は何を頂いてもほーんとにおいしい!!!

だって!魚が食べれないの石坂氏、、、



ネギトロ巻きと





中トロを





おいしいと言って食べました〜!!!

ルーシー始まって以来(本人曰く人生初)の出来事に

ホントに驚いたよ。

北海道のカウンターだけのお寿司屋さんでも食べれなかったのに

それもこれもこのバタ寿司が素晴らしいから。



バタ家の皆様、心づくしのおもてなし 本当にありがとうございました。



「ようこそ」と迎えられる心意気は本当に素晴らしい。

そう言えるまでの道のり、腕前、責任感、色々感じて受ける方は安心して委ねられる。

私も「ようこそ」と言える場を作れるようになりたいと思った。


0 件のコメント:

コメントを投稿