2013年5月31日金曜日

無音を聞く:登山部/奥多摩・川苔山(1364m)編

P8121167.JPG

近所の友人Mが「山行きたい!」って事で、
よっしゃと、イシザカさんも誘って
奥多摩の沢登りに行ってきました。




場所は奥多摩からバスで10分くらい行った川苔山。
沢沿いを何度も小さな木橋を渡って行く。
石坂氏は高いところは苦手らしく、及び腰でソロソロ。
途中、ちょっと前に流されたであろう、倒れた木橋も転がっていて
それが一層、恐怖心をあおったらしく、
渡る度にキャーキャー言うので(石坂さんが!)
私達はたくさん笑わされた。
笑い疲れて到着したのは
P8121183.JPG
滝!!!
25mもある滝のそばは、とっても涼しく気持ちが良かった。
頂上ではストーブで焼いたウインナー。やっぱりんまい!
「かわのりやま」という所だけど、標識があちこちで、
頂上でさえ「川苔山」だったり、「川乗山」だったりなんだかゆるい。
コケが印象的だったので、私は「川苔」の方が好きだなー。
険しい下り道を下山。
途中、足を止めて息を潜めると、
私達は森の中で完全な無音の中。
iccの展示で「無響室」という部屋を体験した時は、
部屋が小さいので圧迫感と少しだけ恐い感じがしたけれど、
明るい森の中での無音は、木々や植物がゆっくりと確実に
息吹く地球のエネルギーみたいなものを感じて、
意識が自然の中に溶け込んでいくのがとても気持ちよかった。
全部で7時間半強、行きも帰りも結構な急勾配で、
「健脚向き」と書いてあったのがよく分かる山でした。
わー筋肉痛〜!

0 件のコメント:

コメントを投稿