2013年5月31日金曜日

日高敏隆さん

P5311272.JPG

先日国立新美術館に行った時、
地下のスーベニアショップで見つけた本。

今年発売された、日高敏隆さんの本でした。
美しい装丁。



日高先生の本に出会ってから数年、
東京で講演会がある時は管理人バタと
何度か足を運びました。
昨年の11月、日高先生はたくさんの本の中に
わくわくする心と
尽きる事の無い、なんでだろう?の精神をちりばめて
肺がんでこの世を去りました。
私たちが最後に聞きにいった講演では、
咳が大分ひどくて、心配をしていました。
最近講演会が無いな、と思っていたので、
知った時はとても寂しかった。
だから、偶然この本を見つけた瞬間は、
息が止まる程、嬉しかった。
しかも、表紙カバーは、こちらも大好きな熊田千佳慕。
最後の本がこの二人の組み合わせなんて、
しかも一緒に講演に行っていたバタといる時に
発見出来るなんて、胸がいっぱいになった。
「世界を、こんなふうに見てごらん」
やさしい、やさしい本。
動物行動学というと、難しそうに聞こえるけど、
何かを目指してがんばっている人、
迷っている人、
どんな人にもきっと光が差し込みます。
私の本棚に並んだ十数冊の日高先生の本は
これからも何回も何回も読み返すことになるでしょう。
最後の本がこんなに優しい絵になるなんて!
まるで日高先生そのもののように感じました。
先生、
ありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿