2013年5月31日金曜日

コンピ

2010091604.jpg


advantage Lucyが
Lucy Van Peltだった頃の楽曲
「red bicycle」がコンピレーションアルバムに入りました。

このコンピに入っている
楽曲をずらっと見てみますと、
ルーシー的にはすごく感慨深いのです。



「Good Lovin'」
発売日:2010.10.6
品番:UVCA-3004
価格:¥2,100円(Tax in)
01. Lucy Van Pelt / Red Bicycle
02. ROUND TABLE / Feelin' Groovy
03. PLECTRUM / JAPANESE DISCO IS FUN!
04. nothern bright / Words of Love
05. FOLKFLAT / OPEN UP SUMMER TIME
06. フリーボ / すきまから
07. HARCO / 江ノ島ラプソディ
08. GOMES THE HITMAN / 雨の夜と月の光
09. Cymbals / I'm a Believer
10. RON RON CLOU / THE GOLDEN COUNTRY
11. デキシード・ザ・エモンズ / フラワーレイン
12. yes mama ok? / Hurry Up!
13. COLOR FILTER / Children of Summer
14. NONA REEVES / MOTORMAN
15. 空気公団 / 呼び声
「red bicycle」では、ROUND TABLEの北川君がベースを弾いていて、
ライブも度々弾いてもらっていて、面白い思い出がたくさん。
PLECTRUMのタイちゃんは現在まで長年ギターをサポートしてくれていて、
いつも笑わせてくれます。そしてアッキーが弾くと、クールなルーシーに!
nothern brightの島田さんにもベースを弾いてもらった事があり、
HARCOにはアルバム「ファンファーレ」の時にキーボードでツアーに参加してもらった。
GOMES THE HITMANの結ちゃんにはドラムを叩いてもらい、
NONA REEVESの郷太君と、ホフディランの雄飛君のユニット(?)のイベントで、
カレーの歌(?)を歌った記憶もある。
空気公団では石坂さんが、ギターをサポートしていた事もある。
〜してもらって・・・がめっちゃ多い・・・(笑)
それだけ一緒に演奏してみたい魅力的なミュージシャンが
たくさんいるというとても幸せな現象。
そして、その夢が叶った時のドキドキをまた今思い出しました。
COLOR FILTERでは、数曲ボーカリストとして参加しました。
当時他のバンドで歌った事が無かったので、
「Children of Summer」は、すごく思い出深い曲です。
あんまり書くと長くなってしまいそうなので
楽曲の事だけのエピソードにしておきますが、
多分このコンピに参加しているほとんどのバンドと
当時対バンしていると思います。
��ルーシーに参加してくれたミュージシャンは MY SPACEに書き留めています)
それぞれが、それぞれの道を歩く原点となった時代を
一枚にしたようなコンピアルバム。
ルーシーは
たくさんの人に支えられていますなぁ。
感謝!!!
詳しくは こちら

0 件のコメント:

コメントを投稿